子どもに伝える

子どもたちと一緒にすごした時間を彼らのために残しておきたい。彼らが道を間違えそうになったとき、新たな道を進もうとするとき、その道筋に少しでも光が差すように。

カテゴリ: 自己紹介

↑このページのトップヘ